インタビュー



 Q1. 収録を終えてのご感想をお願いします。

「I LOVE PET!!」という、ペット大好きという題名のとおりのシリーズでして、
とても丁寧に丁寧に録って頂いたので、全部出し切ったなという感覚があって、
非常にすがすがしい気分です。

よくこういう無対象の作品(芝居の上で相手がいない)、
相手がリスナーさんと想定してマイクの向こうの方に向けて語りかけていくといいますか、
声のない主人公を想定して芝居をするというのはいつもすごく悩みます。
声を発するのにも非常にパワーが必要なんですけれども、
こういう作品を演じるにあたって、キャラクターがぶれると駄目なんですね。
役が向かうところ……例えばこのキャラクターがどうすれば幸せなのか、
どうやれば一番幸せになれるのかをいつも考えるんですが、
今回はもとが犬なので、とってもストレートなんですよね。
最終到達点がすべてご主人様なんです。
そういう意味でぶれが全くなくて、とても演じやすかったです。

色々試行錯誤はしたんですが、それは犬の状態と人間の状態とを
どう表現し分けるかというところだけだったので、対象がまずこの場にいないということと、
犬と人間の対比ということの難しさはあれど、愛情の向かう方向が完全に決まっていたので、
犬と人間のバランスと相手とのバランスさえ決まってしまえば迷うことはなかったですね。
とても気持ちのよい収録でした。


 Q2. 作品中、印象に残ったシーン・聞いて欲しいシーンなどありましたらお聞かせください。

やっぱり犬から人間に変わるところじゃないでしょうか。
結構唐突に来ますので、気をつけておいて下さい(笑)。
そういう変身シーンが聞きどころですね(笑)。


 Q3. ファンの方への一言をお願いします。

また新しいレーベルが立ち上がりまして、
また新しい切り口の恋愛ドラマが生まれるんだなと思って僕も目からうろこです。
すごいなぁと思いました。

ただ先程も言ったように、この作品は愛情の向かうところが完全にぶれがないので、
そこはやっぱり演じていても気持ちよかったです。
だから聞いて下さる皆さんも、こういうまっすぐなのって気持ちがいいな、
好きだなと思ってくれたら嬉しいなと思います。
これからもこのシリーズにご期待下さい。

Copyright © K-BOOKS Inc, All Rights Reserved.