インタビュー



 Q1. 収録を終えてのご感想をお願いします。

犬の役ということだったので、常に体の大きさや目線などを意識して演じさせて頂きました。
聞いている方を見上げる形でしゃべるということを考えながらだったので、
かなりカロリーを消費しました。
収録が終わってスタジオから出たら、一気に力が抜けていくような(笑)。
もし自分のペットが言葉を話せたらとか、変身して人間の姿になったらどうなんだろうなんて、
着眼点が面白いなと思いつつ、楽しくやらせて頂きました。


 Q2. 作品中、印象に残ったシーン・聞いて欲しいシーンなどありましたらお聞かせください。

犬には服を着るという感覚がありませんからね。タケルの台詞の中にも
「え? 服を着てないって? いつもそうだよ!」みたいな台詞があるんですけど、
そりゃそうだ! と思いました(笑)。
でも如何せん人間の姿になるとそういうわけにもいきませんからね。
町で見かける服を着てるワンちゃんもこういう気持ちなのかな? って思いました。
でも基本的には裸なので、シャワーを浴びているところに「水浴びしてるの? 俺も!」って(裸で)
入っていきますから(笑)。(目を両手で隠して)「キャッ」ってなりながらも
指と指の合間からチラ見して下さい。チラ見推奨です(笑)。


 Q3. ファンの方への一言をお願いします。

犬年の僕がゴールデンレトリバー役をやらせて頂けるということは、
何か運命的なものを感じています。
この「I LOVE PET!!」というCDを通して、自分自身もペット、一緒に生活できる
仲間に対する憧れが強くなりました。実際にはマンションだったりアパートだったり、
場所によってはどうしても一緒に住めないという方がいらっしゃると思います。
そういう方はぜひこの「I LOVE PET!!」シリーズを聞いて心を癒して頂きたいなと思います。
これからも続々シリーズが発売するということですので、ぜひシリーズ通して
揃えて頂いて、それぞれの性格の違いなんかも楽しんで頂けたらいいのではないでしょうか。
宜しくお願いします!

Copyright © K-BOOKS Inc, All Rights Reserved.