Q1. 収録を終えてのご感想をお願いします。
ハネムーンということで…やはり少し恥ずかしいと言いますか(笑)。
役者として照れていてもしょうがないんですけど、個人的にはものすごく気恥ずかしいシーンがたくさんありましたね。
いきなりハネムーンじゃなくて、そこに至る過程も少し序盤で描いていて、 演じていて距離感が近づいていく様を経ての
ハネムーンだったので、ストーリー的にも、演じさせて頂けてありがたいなと思いました。
 Q2. 作品中、印象に残ったシーン・聞いて欲しいシーンなどありましたらお聞かせください。
そうですね、「二百年とは言わねーけど、ゆっくり夫婦として愛を深めていこうぜ」みたいなことを言った直後に
喧嘩しているという…(笑)。そのギャップがね。リアルと言いますか、実際にあるんだろうなこういうことって感じがして
面白かったですね。
 Q3. リスナーの方への一言をお願いします。
「Honeymoon」ということで、ハニーな感じでお届け出来ていると嬉しいなと思います。
自然体と言うか、飾らない海斗君と一緒にハネムーンを過ごしてもらえればと思いますので、聞いてもらえれば嬉しいです。
Copyright © K-BOOKS Inc, All Rights Reserved.