コインパーキングの年収は?利益はどのぐらい?売上のコツとは

駐車場経営の年収や利回りについて気になっているという方も多いのではないでしょうか。

一体、どのように駐車場経営を行えば、儲かるのか理解できないという方もいるでしょう。

駐車場経営は、リスクなく手軽に行える土地活用です。やり方によっては、十分に儲かる土地活用になるため、土地を持っている方は積極的に土地を有効活用したいものです。

そこで、コインパーキングの年収や利益はどのぐらい、売上を上げるコツについてご紹介したいと思います!

毎月の売上は不安定でも年間で見ると安定的

コインパーキングの年収ですが、1200万円以上の年収を稼ぐ方もいれば、年収600万円程度の方もいます。

だいたい、サラリーマン以上の金額を稼ぐことができるケースも多いです。

そこで、コインパーキングの年収についてですが、「毎月の売上は不安定でも、年間で見ると安定的」ということを知っておいてくださいね。

たしかに、コインパーキングは、時間貸駐車場となりますので、月によっては売上が不安定になることもあります。

これが、月極駐車場との差です。

しかし、年間の売り上げてみると安定していることがほとんどです。稼働率が100%の状態でなかったとしても、実は30%の稼働率でも、月極駐車場の2倍程度の売上が見込めると言われています。

つまり、年収的にも「月極駐車場の2倍程度の年収が見込める」と考えておいて良いでしょう。

ライバルが増えるとコインパーキングの年収は下がる?

「近所にライバルが増えると売上が脅かされるのでは?」と気にしている方もいると思います。

ある場所でコインパーキングが成功していると、周りにライバルが出現する可能性があります。

新たに始めた時に、周りにライバルがいなくても、その後ライバルが増えていくことがあります。

ただ、実はライバルが増えるからといって、コインパーキングの年収が下がるというわけではありません。

実はパーキングが増えれば、それだけ駐車場を利用しようという方が増えるというデータが出ています。

実はライバルとの相乗効果で、さらにコインパーキングの年収が上がるケースも多いのです。

駐車場経営で儲かる土地の特徴

駐車場経営には適している土地とそうではない土地があります。駐車場経営で儲かる土地の特徴というものがあります。

  • 駅に近い
  • 駐車場のない賃貸物件が近くにある
  • 病院などの施設が近くにある
  • とにかく人がたくさん集まるところ
  • 路上駐車しにくいエリア

このような土地を持っている方は、駐車場経営を行いましょう。稼働率が見込めるため、儲かる可能性は高くなります。

また、開発予定地や再開発エリアも、駐車場の利用が増えますので、このあたりも要チェックです。

コインパークでの年収の上げ方ですが、この土地探しにかかっているといっても過言ではありません。

周りのコインパーキングを見ながら価格を設定すること

年収を上げるためのポイントですが、実はコインパーキングの運営開始後でも、簡単に値段設定を変えることができます。

まず、パーキングの値段設定で、最大料金を設定し、そして分刻みの設定を細かくみなくても、安さをアピールするという手法があります。

そして、価格設定をする際には、いろいろなパーキングの値段設定をしっかりと確認しましょう。

今は、周辺のコインパーキングの値段を調べることができますので、慎重に考えることをおすすめします。

また、下手に値段を下げてしまうと値下げ合戦にもなってしまうことになります。

周辺のパーキングに合わせるのがベターです。

そして、細かい値段設定は自分なりの工夫をし、料金表示は誤解を招かないようにしましょう。

個人のほうがコインパーキングの年収をあげることができるか

コインパーキングの設営は、個人で行ったほうがもちろん業者に支払う金額が少ないので、それだけ年収をあげることができます。

機器の購入、保守管理などはネットで探し、複数の会社に問い合わせて、見積もりを出しましょう。実は機器類の会社では、保守管理業務も行っていたり、清掃は、保守管理会社と提携をしていたりして、「集金と清掃は自分で」だったり、「全ておまかせ」など、パターンによって料金が違ってきます。

保守管理業務は、24時間いつでも、トラブルに対応をしてくれるということ。おっして、お釣りが出なかったり、領収書の紙切れなど、遠隔操作できない場合も、係員が出動してくれます。

いろいろな会社に見積もりを取り、会社によって、保守点検はどこまでなのか、そしてオプション扱いであるかどうかなど細かいサービス内容が変わってきます。

実は機器類に関しては、長く続けるつもりであれば、購入するのが1番です。

そして安く上げるなら、工事はこのようにマネージメントを個別で行うことがおすすめです。

コインパーキングの年収まとめ

日本は先進国なのでインフラが整備されており、公共交通機関は大変充実して便利ですが、路駐がしにくい場所、人が多い場所には未だにコインパーキングの需要があります。

もし空き地を持て余しているのであれば、土地の有効活用方法としては駐車場経営が魅力的でしょう。

最近では駐車場ビジネスも多様化し、コインパーキングと月極駐車場以外にも、これら二つを併用した駐車場を運営するところもあります。

また最近は車を持っていない人が一時的に車を借りるような【特P】空きスペースを貸すだけ!毎月2万5千円の副収入などのシェアリングサービスも登場し、これに駐車場が参画していて注目を浴びています。

ぜひこの機会に試してみませんか?