金投資!ゴールド投資のメリット・デメリットは?購入する前に知るべきこと

金投資・ゴールドに投資をすることを検討している方もいるのではないでしょうか。

金投資には、実はメリットやデメリットが存在しています。

現金に投資をするよりも世界共通の資産である金に投資を検討している方に、そのメリットやデメリットをご紹介したいと思います。

世界共通の資産「金」への投資のメリットとデメリットは?

金は古来より、その希少性と美しさから世界共通の資産として扱われてきました。紀元前の時代から金は通貨として流通し、現代でも1970年代までは金本位制が取られています。

そして、世界各国の紙幣も金と結びつく形で価値が決まっていました。日本円を他国のお金と交換できたのも、各国において金そのものの持つ価値が共通だからということなんです。

①鉱物なので存在量に限りがあり無価値にならない
②世界で価値が共通

メリットとしてはこれらののメリットがあります。順番に説明をしていきたいと思います。

鉱物なので存在量に限りがあり無価値にならない

金投資のメリットは、まさに金は価値が永久であるという点です。

金本位制が終了しても、金の価値は変わりません。現在でも世界中の中央銀行で準備資産として保有されているほど。

今ある現金は国が破産し、紙幣が紙切れになってしまっても、金の価値が下がることはありません。

まだまだ世界情勢は不安定ですし、投資目的として価値が高い、普遍的であるというメリットがあります。

世界で価値が共通

金投資では金が持つ特徴が、メリットであると言えます。

金は鉱物ですから埋蔵量には限りがあり、無価値とならず、先進国でも、発展途上国でも金の価値は共通ですし、テロや世界情勢が不安定になれば、安全資産として、価値が上がります。

金投資のデメリットとは?

金投資のデメリットとして挙げられるのは、為替変動リスクです。

こちらの金の取引は米ドルで行われるため、日本国内の金の価格は米ドルに対する為替の影響を受けてしまうことになります。

利息や配当のような利益はない

また金は保有することで、無価値にならないというメリットはありますが、ほかの金融資産と比べると、預貯金の利息や株式の配当のような利益はありません。

したがって大きく配当で得をしたいという方にはあまり向いていないと言えるでしょう。

金投資のメリット
①鉱物なので存在量に限りがあり無価値にならない
②世界で価値が共通

金投資のデメリット
①金の取引は米ドルで行われるため円建て価格は為替の影響を受ける
②預貯金や株式と違い、利息や配当を生まない

まとめ 金投資は「守りの資産」

金投資は、そのメリットとデメリットゆえに、すべての人に有益な投資ではないと考えておきましょう。

まず短期間で利益を得たいと思う人には向いていません。

金投資に向いているのは短期間の利益よりも現在の資産を守り、投資をしたいという方です。

世界共通の価値をもち、そして資産が無価値になる心配がある場合に、金投資をするべきです。「守りの資産」として資産を守りたい方に向いています。

株式には配当があり、売却益を望んだり、また大きく配当を得たい場合には別の方法がおすすめです!

金投資以外の選択肢①SBIネオモバイル証券


SBIネオモバイル証券のメリットは本当にたくさんあります。みんなで大家さんのように、不透明ではありませんし、さらに余ったTポイントで株を購入して稼げるなど、少額で投資が出来ます。一つ一つみていきましょう。

    • Tポイントで株が購入できる
    • ワンコイン500円から株主になれる
    • 実質16円で取引放題
    • 配当金も株主優待も貰える
    • ウェルスナビが運用できる

Tポイントで株が購入できる

ネオモバは日本初のTポイントで株が購入できる画期的な新サービスです。

通常の株式投資では、投資したい企業の情報について自分で調べて、まとまった金額を用意して株式投資をする必要がありましたが、

ネオモバは普段みなさんが貯めているTポイントを利用することで気軽に株を購入することが出来ます。

SBIネオモバイル証券の公式サイトはこちら