SBIネオモバイル証券の手数料はどのぐらい?手数料から徹底解説!

SBIネオモバイル証券をご存知でしょうか。

特徴としては、Tポイントで投資ができること。これまでポイントを使ったサービスとしては、楽天証券が展開する「楽天ポイントをつかった投信積立サービス」がありました。

ただ、Tポイントを利用するサービスは業界初となっていて話題となっています!

SBIネオモバイル証券では単元未満株を扱っているため、1株から株が買えることも大きな特徴ですよね。

株価が高くて手が出なかった企業でも、あまったTポイントを活用して気軽に株が買えます。

ちょっと稼ぎたいという方やあまったポイントで手軽に株式投資をしたい方におすすめです!

そこで、こちらのSBIネオモバイル証券の手数料に関することをご紹介したいと思います!

SBIネオモバイル証券の公式サイトはこちら

SBIネオモバイル証券の手数料はどのぐらい?

2019年4月10日からサービス提供を始めた「SBIネオモバイル証券」。

既存のネット証券や総合証券と取引方法もターゲットも大きく異なるサービスを打ち出しているのですが手数料がどのぐらいかかるの?手数料が割高だと「利益が少なくなるのでは?」と気にされている方もいると思います。

そこで手数料がどのぐらいかかってくるのかということについてご紹介をしたいと思います。

手数料は月額200円で取引し放題!

 

SBIネオモバイル証券は手数料にも特徴があります。

通常の株式取引では各取引ごとに取引金額に応じて手数料がかかってしまうので、手数料が割高というイメージを持っている方も多いと思います。

でも、SBIネオモバイル証券では手数料がサービス利用料というかたちで「月額制」になっています。

手数料が月額制というのは、ネオモバだけです!

そして、ひと月あたりの約定代金が50万円以下の場合「月額200円(税抜)」で何回でも取引が行えます。

約定代金ごとのサービス利用料(月額)は以下の通りです。

 
月間取引金額合計※ サービス利用料(月額)
0〜50万円 200円(税込216円)
50〜300万円 1000円(税込1080円)
300〜500万円 3000円(税込3240円)
500〜1000万円 5000円(税込5400円)
1000万円〜 1000万円以上の場合は100万円毎に1000円(税込1080円)加算
※2019年8月時点:表の「月間取引金額合計」は1ヶ月内に取引された国内株式の約定金額の合計です。
このように、手数料が月額制なので、毎回の手数料を気にする必要がなく、取引し放題になるのが大きなメリットですね。
さらに、SBIネオモバイル証券を利用すると毎月Tポイントが200ポイント付与されるため、 約定合計代金が50万円以下の場合は実質消費税の16円の負担で利用することができます!
また、サービス利用料の1%分のTポイントが貰えます。

ネオモバの手数料の支払いを回避する方法は?

ただ、何も取引をしていない月に、手数料が差し引かれてしまうのは嫌だな…と気にされている方もいると思います。

そんな方のために、SBIネオモバイル証券には一時停止という機能が用意されています。

ですので、これを利用すると毎月の手数料支払いを止めることが出来ます!

一時的に使わないケースでは一時停止を行うことで、手数料が差し引かれてしまうことを止めることができるんですね。

株の売買で完全手数料無料を求めるならば、STREAMアプリ

ちなみに、株の売買で完全手数料無料を求めるならば、STREAMアプリの方が良いでしょう。

STREAM(ストリーム)アプリは、従来型の株式売買手数料が無料となっています。

スマートプラス社のSTREAMアプリがどこで利益を得ているかというと、私たち利用者からの注文をSOR(スマート・オーダー・ルーティング)方式で東証と東証立会外取引にそれぞれ出します。

そして、東証立会外取引での約定価格が東証に対して有利な結果となったときに、その差分のうち半分を手数料として受け取るというビジネスモデルなので、手数料が完全無料なんです!

まとめ 手数料の負担がほとんどないネオモバはおすすめ!

ネオモバ50万円までは実質手数料無料と考えておいて良いです。
SBIネオモバイル証券は、従来の証券会社とは異なり取引毎に手数料はかかりません

 

その変わり、以下の表に示したように一月あたりどれだけの金額を取引したかによって手数料が決まります。

一ヶ月間の国内株式約定代金合計額 サービス利用料(月額)
0円~50万円 200円(税込216円)
300万円 1,000円(税込1,080円)
500万円 3,000円(税込3,240円)
1,000万円 5,000円(税込5,400円)
以下、100万円ごとに1,000円(税込1,080円)が加算。(上限なし)

ひと月50万円までの取引だと税抜きで200円の手数料がかかりますが、Tポイントが200ポイント付与されるので、実質的な負担額はほとんどないんで、取引し放題と考えておいて良いですね。

なお、付与される期間固定Tポイントは、SBIネオモバイル証券でのみ使えるポイントになりますが、手数料の負担はかなり少ないと言えるでしょう。

従来までの株式投資の手数料が高いと考えている方はこの機会にネオモバを試してみませんか?

SBIネオモバイル証券で口座開設をする!